ちゃんと知っていて!本当に洋服が必要な犬種

犬の洋服はおしゃれ目的?

「犬は立派な毛皮を持っているのに、洋服を着せるなんてよくない」

こんな意見を聞いたことがありませんか?ご指摘の通り、犬は裸で暮らすのが正常です。しかし犬種によっては、日本で快適に暮らすためには洋服が必要なわんちゃんもいるんです。きちんとした知識と理解で、ワンちゃんの幸せな暮らしを考えていきましょう。

チワワの原産国はメキシコ

小さくてかわいいチワワは、よく洋服を着せられている印象がありますよね?チワワはもともとメキシコ生まれの犬種です。メキシコは暑い国でチワワも暑さには比較的強いのです。しかし、一方で寒さに弱い犬種でもあります。チワワにはアンダーコートと呼ばれる下毛が生えていません。そのため寒い日本の冬で健康に暮らすためには、洋服を着せる必要があります。

シベリアンハスキーは暑がり

シベリアンハスキーは、寒い国出身の犬種です。豊かな被毛がありますので、冬でも洋服を着せる必要はありません。自前の毛皮でまかなうことができます。ただし、日本の暑い夏を乗り切るためには、様々な工夫が必要です。以前はサマーカットと呼ばれる、被毛を夏の間だけ刈ってしまい、涼しく過ごさせるという対応が一般的でしたが、現在では見直しがされており、エアコンなどを使った室温の管理が推奨されています。

抜け毛対策としての洋服

アンダーコートのある犬は、換毛期になると被毛の抜けます。そのために、抜け毛対策の一環として洋服を着せることがあります。ビーグルやコーギーなどが代表格です。

そのほか、被毛の薄いボストンテリアやピンシャーなどは、皮膚の保護や乾燥対策のために洋服必要なことがあります。洋服の必要性は、犬の個体差や犬種によって違いがあることをよく理解し、快適に暮らすために上手に利用したいものです。

犬の洋服は、その名の通り「犬専用の洋服」です。レインコートから始まり、迷子になった時のための名前入りなど様々なタイプのものが販売されています。