初めての機械式時計!正しい使い方と保管方法!

機械式時計の保管場所

機械式時計は繊細なアイテムのため、メンテナンスや使い方に気を配りましょう。機械式時計を保管するのに最適な環境は、基本的に湿気が少なく埃がたたない常温の場所です。常温とは人が過ごすのにクーラーやヒーターを必要としない程度の室温を指します。また、揺れる場所や不安定な場所は避け、機械式時計を購入した時に付属していたボックスや化粧箱に入れておくと良いです。保管場所に防虫剤を入れたり、メイク用品と一緒の引きだしに入れたりするのも、本体が劣化しやすくなります。しばらく使用しない場合など、機械式時計に適切な保管場所を選べば、精度の狂いや劣化を防げるでしょう。

避けた方が良い使用環境

機械式時計は、極端に高温の場所や低温になる場所に放置すると精度に影響が出ます。例えば屋外でのスポーツ時に直射日光の当たる場所へ置くなどは避けてください。また、機械式時計は内部部品(てんぷ)が磁気を帯びた場合も時刻を正確に示さなくなります。磁気の強さにもよりますが、一度磁気帯びしてしまうと影響が長く残るでしょう。このため、携帯電話やテレビ、マグネットが付属したバッグなどの側で使用したり、保管したりするのは避けてください。ただし、磁気帯びしても壊れてしまう訳ではないので、慌てずに時計店などへ脱磁の依頼をすると良いです。

機械式時計はきれいに使おう

防水機能がある機械式時計は汚れたら自分で洗えます。防水機能が無いアイテムであれば、柔かな布等で拭き掃除をしましょう。機械式時計を洗浄する場合は水を使用すると安心です。温度の高い湯で洗うとケース内部のオイルが流れ出てしまうので注意してください。海水浴の後などは、塩分を良く取り除くと錆付きを防ぐので、きちんとケアしましょう。

グランドセイコーは、国内の最先端の技術を持つ職人によって手掛けられており、機能性やデザイン性が優れています。